化粧品かぶれと簡単なパッチテスト


化粧品によるかぶれ

私たちの身の周りには、肌をかぶれさせる原因物質が存在ます。この原因物質を外的刺激因子ともいいます。
これには一次刺激性接触皮膚炎と、アレルギー性接触性皮膚炎の二つがあります。

  • 一次刺激性接触皮膚炎 刺激物による刺激に対する反応。アルカリ、洗剤、溶剤、粘着剤、また、植物や昆虫の毒、洗浄剤の手湿疹など。また、パーマ液なども頭皮に付着して刺激になることがあります。
  • アレルギー性接触性皮膚炎 卵や牛乳のような食品それ自体は危険とは言えませんが、これらにアレルギーを起こす人にとっては避けるべき食品になります。相性の問題と考えていいかと思います。抗原抗体反応接触性皮膚炎ともいい、基本、24~48時間たって症状が現れますが、感作物質(高原物質)に何度か刺激を受けるうちに起きるので、原因が分かりにくい場合も少なくありません。

※一次刺激の反応は、物質の量や濃度によっては起きません。でもアレルギーの反応は、量ではなく、質の問題です。つまり微量であっても反応は起きます。

日常的に使用する化粧品も、肌の状態や相性によっては皮膚炎を起こします。化粧品類の使用でかぶれたかな?と思う場合、これらの区別を調べるのに一先ずの方法として、簡単なパッチテストもできます。

簡易な化粧品パッチテスト

●準備するもの
化粧品、絆創膏、綿棒
化粧品パッチテスト準備

●タイミング
入浴後

化粧品の簡易なパッチテスト

1-テストする化粧品を綿棒に取り、絆創膏のガーゼ部分に塗ります。

2-入浴後、腕の内側、太ももの内側、背中などに貼り付けます。

3-痒みや赤みがある場合はすぐに中断します。30分~1時間後、一度絆創膏を剥がしてチェックし、変化が無ければそのまま24時間~48時間、ぬらさないように注意して観察します。

他の簡単な方法

上記の部位で、直接化粧品を塗ります。(場所ごとに油性マジックなどで塗ったものを記載し、何で反応が起きるかを確認できるようにします。)
もし、途中でお風呂などに入った場合、また同じ場所につけて経過を確認します。

反応がある場合や疑わしい場合など、精度の高い検査は皮膚科やアレルギー科へ

パッチテスト後、赤みが出ても、一次刺激性の場合は早く赤みが引き、逆にアレルギー性の場合は、なかなか赤みが引かずにしばらく残ります。

また、アレルギーを引き起こす要因は、化粧品以外の物質、たとえば衣類・植物・金属・ペットの毛やフケなど、さまざまな原因が考えられますし、紫外線を浴びることで変質した物質が影響する可能性もあります。

病院では、方針によってパッチテストをされないところもありますので、このような簡易な方法もあるのですが、あくまで参考程度の方法です。
精度の高い「検査」ではありませんので、化粧品に限らず、かぶれが起きやすい場合は、精度の高い検査を受けておくことをお勧めします。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2017年11月30日22:40 / 投稿者:terakaz