化粧品の誤解と薬事法


  • ニキビ用化粧品でニキビが治りませんでした
  • 大人ニキビなので敏感肌用化粧品を使用しましたが治りません
  • オイルフリーのものを使っていますがベタベタしてきます
  • オーガニックコスメなどこだわっているのですが効果が

そんなメールが毎日のように届きます。

ニキビ用化粧品、敏感肌用、乾燥肌用、医薬部外品、美容機器、健康食品など、これらの商品の機能で 「効果がない」のは、実は不思議なことではありません。
テレビCMや、商品説明を見たり読んだりすると「これなら自分に合うんじゃないか?治るんじゃないか?」と、つい期待してしまいますよね。

でも、宣伝を期待して使ってみたものの、何も良くならない・・・ということも良くあると思います。
そして、「他に自分に合うものは無いかな・・・」と、いろんな化粧品を試し続ける・・・

でも治らないのは当たり前のことなんです。「薬事法」について、まずは知りましょう。

薬事法上、化粧品に「効果」は期待できません

化粧品(と医薬部外品)は薬事法という法律で「作用が緩和であるもの」と規定されています。
つまり薬のように「効果・効能」を期待できる商品を製造・販売することはできません。

また、ニキビ用化粧品には

  • 脱脂力が強いもの
  • 角質層を傷つけるもの
  • 保湿ができないもの
  • ただの水

など、効果がないのはもちろん、継続使用することで、結果的には角質層のバリア構造を悪化させていくものも多くあります。

「消費者心理」を考慮して作られるのが化粧品

ニキビ用にかぎらず、○○用といって宣伝されるものは、「お肌」ではなく消費者の「消費行動」を基本に考えられています。

ニキビ用なら「さっぱりした感触」、敏感肌用なら「オイルフリー・無添加・無香料」、高級志向なら「きれいな容器・香り」などがそれにあたります。

いずれの場合でも「治る・配合成分の薬理作用・効果」があるかのように話が進められています。

敏感肌用の化粧品ならそのマイナスとしての「他製品の有害性」を宣伝材料としていますが、これも前者の裏返しに過ぎません。

「薬理効果は無いが、同時に副作用も無い」が化粧品であり、これは「毒にも薬にもならない」ということです。

「スキンケアの成果」と「化粧品の効果」の誤解

お肌をキレイにし、維持するためには、スキンケアの継続が必要ですが、これは「成分を浸透させ続けたので細胞が元気になった(もしくはおかしくなった)」ではありません。

スキンケアを行うのは皮膚表面の角質層で、化粧品が触れるのはこの角質層です。

スキンケアは「肌をどうするために、どう扱うか?」という方法論です。

この理解と実践が成否の分かれ目であり、「化粧品選び」や「化粧品の使い方」に終始しているままでは、「無い効果」はやはり無いですし、正しいスキンケアなら「得られるはずの成果」を得ることもできません。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・赤ら顔の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2013年7月5日10:26 / 投稿者:terakaz