皮膚科の美容治療との違い


    • 皮膚科でフォトフェイシャルをしたが一時的な効果
    • レーザー治療でないと治らないのでしょうか?
    • ピーリングをしても何も変わらない・赤くなってきた
    • 前は効いていた薬が効かなくなってきた

これらは連日いただくメールのほんの一部です。このように皮膚科の治療では「思ったような効果」を得れない場合はどう考えるべきでしょうか?

「治療で得られる結果」と「自分の目的」のズレ

肌トラブルの多くは、お肌が正常に作られていれば、特に専門的な対処無しに解消されます。

問題は長期にわたる肌トラブルです。

まず、皮膚科のニキビ治療などの美容治療は、基本的に「対症療法」です。たとえばニキビができれば「できたニキビを治すこと」です。

しかし慢性的にニキビが「でき続ける」という場合、「できたニキビ」への対処を行うことは、「問題と、その解決」とは話がずれてしまうこともあります。

問題解決の優先順位

これらの「治療」を受け続けても、長期間解消しない肌トラブルは肌のバリア構造が正常に作られ、それが持続していない、という問題が見過ごされています。

逆に言えば、お肌を正常に回復し、丈夫なバリア構造をつくり続けていれば、「ほうっておいても治る人と同じ」です。

これでトラブルの「くり返し」という重要な問題が解決できるわけです。

「長期くり返す肌トラブル」の問題解決には優先順位があります

  • 肌トラブルのくり返しを止めることを優先させる
  • 今おきているトラブルの解消を補助的に行う

です。

まず、肌トラブルに強い、正常な肌を作れるようにすることを優先し、その過程で今ある症状への対処を行うことが、根本的な解決の原則です。

肌トラブルにブレーキをかけることとは「治療」ではなく当社でお教えするスキンケアノウハウが必要です。

お肌が正常なら肌トラブルの条件は重なりませんから、まずお肌を正常な状態に回復させていくことが優先されます。

この原則を守ることで、はじめて慢性的なトラブルを解決できます。

皮膚科の美容治療でだめだったら…

最新の機器や新開発の薬品などの治療で、一時的に症状が軽減することができても、それはお肌が正常に回復し、それを維持することとは違います。

肌トラブルをストップし、お肌をきれいにする。そしてその状態が続くには、あなた自身が肌の仕組みにあわせた方法を実践するしかありません。

まずはWEBカウンセリングを受け、問題と根本的な解決を理解することが最短距離できれいになる方法です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・赤ら顔の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2013年7月5日14:08 / 投稿者:terakaz