美白化粧品の前に

美容男子に負けたくない女子向け。美白化粧品より大事なポイント


なぜ、夏になると美白化粧品を使うのか?

昔から不思議に思ってたのですが…

何故、夏になると美白化粧品に切り替えなければならないんだろう?

どこの化粧品会社も夏になると美白化粧品を推奨して秋冬に使っていた商品は店頭から消えていきます。

昔、私はニキビが出来ていて赤味もおびており、見た目に脂っぽい肌でした。

でも20代半ばあたりから常に乾燥を感じていました。

なので美白化粧品はさっぱりしすぎて満足がいかず時には清涼感がキツすぎて逆に刺激になることもしばしば…。

肌のバリア機能が低下していたのです。(今となればわかるのですが…)

バリア機能の低下がつづくと肌はどうなるのか?

肌のバリア機能が低下した状態では、表面を大急ぎで作ろうとして不全角化が起きます。

そうすると表皮層の肌色をつくるメラノサイトという色素細胞が活発に働き

結果、くすみ、シミ、色素沈着などの肌トラブルを起こすことになります。

(参考:肌トラブルとは?

つまり、あなたの肌を美白から遠ざけているのは紫外線だけではないのです。

この肌の仕組みを知ったうえでケア方法を考えておかないと、

せっかく美白化粧品を 「白くなりたい」一心で使用でされても、ほしい結果へは遠回りをされている可能性があります。

(中には「店員さんに勧められたから」「夏だからなんとなく」
という人もいるかもしれませんが…)

そもそもお肌は何の為にあるの?

肌の役割は基本的に、異物や細菌などが体内へ侵入させない為、体内の水分や体液が外に漏れ出さない為のバリアです。

これらの目的を果たせるお肌が ”トラブルに強く、白く透明感のある見た目にもキレイ肌” です。

なので残念ながら肌は、役割や仕組みからも、美白化粧品を使っただけでは一発逆転的にキレイな美白肌にはなれません。

毎日のキチンとしたお手入れで、肌を健康にしておくことが美白よりも前に
必要なことなのです。

そういった地道なお手入れが出来たうえで、美白化粧品や高機能をうたった化粧品を「プラスアルファとして」使用することが正しい優先順位です。

2013年9月10日16:37 / 投稿者:teradamiwa

ニキビに悩まない毎日を取り戻したいなら、まずは無料相談

※メールで返信、24時間受付、無料です。

ニキビ治療やニキビケアが効かない肌も、方針を変えると