ビタミンCのイオン導入で効果が出る肌・出ない肌


  • イオン導入とケミカルピーリングを行う治療をしています。良くなっている気もしますが、新しいニキビが常に出来ています。
  • 皮膚科でもらったアクアチムクリームを塗り、エステでイオン導入していますが全く効果がない状態が続いています。

ニキビに悩み、色々調べている方なら、「大人ニキビにはビタミンC」「ビタミンCならイオン導入」という宣伝を目にすることもあるかと思います。

しかし、必ずしも宣伝にあるような効果を得られるわけではないようです。では、効果がある人と無い人では何が違うのでしょうか?

ビタミンCに期待される、肌への美容効果とは?

ビタミンCそのものの肌への効果として、

ニキビなどの炎症を抑え、皮膚の再生を促す。肌のシミ、クスミ、肝斑などに有効で、美白作用がある。

などが挙げられます。そして化粧品の宣伝でも

ビタミンCは、「シミを消す・コラーゲンが増える・ニキビが治る・皮脂分泌過剰が治る・毛穴がキレイになる」など、魅力的なフレーズが多くあります。

しかし肌の表面、角質層の役割は「異物を通さないこと」です。

つまりどのような「美容成分」であっても、基本的に経皮吸収過しにくいものです。もちろんビタミンCも肌に塗るだけではほとんど肌に吸収されません。

ビタミンCを肌に浸透させるイオン導入

肌の表面、角質層は、死んだ細胞が重なった層ですので、ここに塗っただけではビタミンCの働き自体は期待できません。

そこで陰イオン化されたビタミンC誘導体(多くの場合「アスコルビル」と名のつく成分です)を、電気の流れを利用して、しっかり経皮浸透させる方法がイオン導入(イオントフォレーシス)です。

これにより陰イオン化されたビタミンCが、ただ塗布するよりもしっかりと肌に浸透して、「シミを消す・コラーゲンが増える・ニキビが治る・皮脂分泌過剰が治る・毛穴がキレイになる」など、さまざまな効果が期待できるというわけです。

とはいえ、はじめにあったように、「効果的なはず」のイオン導入を行っても、思わしい効果を得られないご相談もあります。

なぜ「効果的なはず」のイオン導入が効かないのか?

角質層は、表皮基底層で母親細胞から分裂した娘細胞が、通常なら数日かけて表面に押し上げられ、上行しながら徐々に死滅し、死んだ細胞が重なりあい角質層を形成します。

しかし、角質層は体を守る表面のバリアなので、ここがこわれた状況下では、皮膚は通常よりもかなり速い速度で、角質層を形成します。

速い速度で形成された角質層は、水分をかかえるアミノ酸などが十分に生成されておらず、強度も構造も弱いものです。

そのため、正常に回復できない肌や、日常的に壊れたり、乾燥や刺激にさらされる肌では、この状態がくり返されてしまいます。

このような肌では「様々な体を守る反応」がおこります。

この反応の大半には、結果としてニキビやニキビ跡の一因にもなる「美容上のトラブル」が含まれます。

role-of-skin-and-effect-of-iontophoresis
そして、イオン導入を含めた、何らかの「肌に良い物」を浸透させても、その作用よりも「体を守る反応」が優先して行われます。

それでも「ビタミンCを効かせよう」と思うと、「ピーリングとイオン導入を同時に行う」という方法があります。

まずピーリングで肌のバリア表面を薄くし、薄いバリアでイオン導入を行えば、さらにしっかりビタミンCは浸透して、「よく効く」はずだ。
と考えられているようです。

しかし、それ以前に、表面のバリアを除去された肌はどういう反応を起こすでしょうか?

「体を守る反応」を優先して起こします。
(参照:皮膚科のピーリングでも再発するニキビを肌から変えるノウハウ美容皮膚科でニキビ治療。でも思った結果と違うなら…

ビタミンC自体、どれだけしっかりと浸透させても、あくまでも補助的にしか機能しません。

いわゆる薬品のような積極的な作用を期待することは無理があります。

何より皮膚がイオン導入されたビタミンCの効果よりも、肌が「肌本来の役割」を優先させるのは、不思議なことではありません。

特にバリアが壊れた危機的な状況では、そちらへの反応を優先させますし、特に慢性的に「バリアが弱く、反応が強い」肌では、体を守る反応は日常的に強くなります。(参照:スキンケアの成果を取り戻す「肌質」考察-健康な肌と敏感肌

慢性的な肌トラブルなら、イオン導入よりも優先すべき対策とは

じゃあ「イオン導入は効かないのか?」と思われるかもしれませんが、それは

  • 「効く方法・合う方法さえ見つかれば症状は治る」
  • 「症状さえ治せば問題が解決する」

という前提で、肌の問題を考えているからです。

ビタミンCのイオン導入自体は、作用が緩和な方法ですから、肌の状態が安定していなければ、その緩和な作用すら期待できません。

しかし逆にいえば、副作用のリスクも非常に低い方法です。刺激に対する反応が強い肌では、低リスクな方法を行うほうが、かえって効率が良くなります。(参照:皮膚科でもくり返す、しつこいニキビを根本的に止める方法ニキビ治療でもくり返すニキビの最短距離の解決法とは?

したがって、対象になる肌のバリア構造が安定しているなら、安全性と効果を期待できる美容法にもなります。

そして、どのような美容法であれ「角質層が健康でキレイな状態」を安定させることは、最優先されるべきです。

ニキビも短期的、単発的ならともかく、長期化し、ニキビ跡や赤み、毛穴が目立つなど、複数の肌トラブルも併発するなら、まずは優先すべきことの見直しが重要です。

まずはWEBカウンセリングで肌についての基本的な知識を理解して、適切な対処を行うことが、ニキビ解消の第一歩です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2014年1月31日19:22 / 投稿者:terakaz