ビタミンC美容液でもニキビ痕が治らない

ビタミンCの美容液でもニキビ跡に効果がない。というご相談


ニキビ跡を治すため、ビタミンCの化粧水や美容液でケアをする方からのご相談では

  • 現在色素沈着したニキビ跡がすごいです。美白化粧水やビタミンC配合などの化粧水をつけていますが薄くなる気配もないしニキビもできます。
  • 今はビタミンc原液6パーセントの美容液を付けていますが、ニキビの数は減らないし、フェイスラインにできやすく、跡もたくさん残ってしまっています。
    今はビタミンc原液6パーセントのみつけています。
  • ニキビ跡で困ってます。場所は頬とフェイスラインです。触った感じ凸凹感はないです。現在は、ビタミンC誘導体の美容液を使っていますがあまり効果がないです。

などのご相談が寄せられます。

化粧品の宣伝には「ビタミンCがニキビ跡を消す」と感じさせるものが多いのですが、実際はどうなのか?問題を考えていきましょう。

ニキビとニキビ跡

まずニキビ自体は、「肌表面の角質層が毛穴をふさぐ→皮脂が出れない→ニキビ菌の増殖→炎症」といったプロセスで進行します。

そして、ふさがった毛穴の中で炎症が出れば、毛穴の周辺部が傷つきます。ニキビ自体は「ふさがった毛穴の小さな傷」の状態なので、多くの方がそうであるように治癒がスムーズに進めばすぐにキレイに消えていきます。

ニキビ痕が残るプロセス

逆に治癒のプロセスがスムーズに進まない状態が、ニキビ跡の状態です。

傷がスムーズに治りきらない間は、赤みが続いたり、微弱な炎症が続く部位は、赤みが無くても色素が作られシミ状の跡となります。

ニキビ跡はニキビが治った跡であること、実際には「残っている」というよりも炎症が「続いている」状態や、色素を作り「続けている」状態であることを意識しておいてください。(赤みの無い凹みのニキビ跡は違ってきます。)

そして、「ニキビ跡にはビタミンC配合の美容液が効く」と言われる理由は何か?考えてみましょう。

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

2020年6月26日16:34 / 投稿者:kazuyuki terada