ニキビループ・ニキビスパイラル

ニキビ治療でもニキビループ。根本解決の最短距離はどうすれば?


ニキビを効率的に根本的に解消するための目標設定法

いただくご相談の多くは、皮膚科のニキビ治療、エステ、ニキビ用化粧品でも「治らない」、もしくは「悪化している」というものです。

でもこれは、問題の見方を変えれば、思うより容易に解決できる問題です。

多くの情報と、あなたの目的の間にある「ちょっとしたズレ」を理解しておけば、そんなニキビループのリスクを避ける事ができます。ではそのズレとは?

ニキビの「治す・治る」フレーズにある前提のズレ

  • 皮膚科で、レーザーやピーリングディフェリンで治らない
  • エステに通っているけどニキビとローンをくり返す
  • ニキビ用化粧品も敏感肌化粧品も効果が無い。むしろ痛い。

もしあなたもこのような経験にお悩みなら、まず気をつけたいのは、そこで使われる「治る」という言葉の意味です。

なぜなら「できたニキビを治すこと」自体は難しいことではないのです。そして、あなたのお悩みは、単に「できたニキビ」だけではありませんよね?

あなたが「根本的にニキビを治したい」という場合、それは単に「今あるニキビの解消」だけではなく

「ニキビができ続けること」
「ニキビ跡がいつまでも消えないこと」

などの解決。つまり「肌をきれいにしたい」ということです(よね?)。

にもかかわらず、ニキビ治療やエステ、化粧品のニキビケアは「できたニキビを治す方法」です。

つまり、そのような文脈でニキビを治しても、「ニキビができ続ける問題の解決」とは、別のことをしているのです。

またそれらは多くの場合、

  • 「肌をこわせばニキビもこわせる」
  • 「殺菌すれば治る」

という考え方を前提にしています。

それらを続けて良い結果を得られるケースならいいのですが、このような方法は、「こわすことに耐えられる肌」を前提にしています。ですから肌質によっては、むしろ「ニキビをの原因をつくりながら、できたニキビを治し続ける」ことになりかねないのです。

いいかえると、わざわざ自分の手でニキビループ・ニキビスパイラルになる可能性もあるのです。

「肌のバリア構造をこわす」「肌表面の常在菌のバランスを崩す」など、これらは「肌が健康できれいな状態になること」とは別で、行為自体がニキビの発生機序にもなりかねないからです。

では、効率よく問題を解決するにはどうすればいいのか?

ニキビ根本解消の見通し

長期的な見通しはありますか?

肌をキレイにすることは、「でき続けるニキビ」を後追いで治し続けたり、その場しのぎをくり返すことではないはずです。

あなたにとっては「ニキビができないこと」が根本的な解決ですよね。

もしそうなら、

「できたニキビを治すこと」や「ニキビができる前に肌ごとこわす」
よりも、まず
「ニキビが出来ない肌になること」を優先させればいいのです。

そしてその方法も、「健康で見た目もきれいだからニキビができない方法」であるべきです。

これはかなり当たり前のことですが、同時にこのポイントを知らずに、もっと早くきれいになっていたはずのニキビやニキビ跡をこじらせ、何年もニキビ治療を続けている方は少なくありません。

では、どうしておけばもっと早くきれいになれたのでしょうか?

目標を変えることができれば、肌も変わる

あなたが本気で「単にできたニキビを治すだけでは満足できない。肌をきれいにしたい」と思うなら、まずは自分のスタート地点を確認し、そこからゴールへと向かう道筋を知ることが最初の一歩です。

基本的な肌のしくみや役割を知らないまま「3ヶ月で入れ替わる」「好転反応」「デトックス」「代謝が良くなれば」など雰囲気やイメージを頼りにニキビを治そうとしても、よほど丈夫な肌でない限り、成果を得ることは困難です。

本気で肌をキレイにしたい。キレイにする方法を知りたいとお考えなら、まずは最初の一歩から。

2013年9月28日01:50 / 投稿者:terakaz

ニキビに悩まない毎日を取り戻したいなら、まずは無料相談

※メールで返信、24時間受付、無料です。

ニキビ治療やニキビケアが効かない肌も、方針を変えると