ディフェリンによるニキビや肌状態の悪化や副作用、後遺症、炎症

ディフェリンで悪化したなら、ニキビを治す前に「肌の見直し」を


「健康でキレイな肌」から見直すべき理由

あなたの抱える問題が「今あるニキビを治すこと」なら、ニキビ治療薬は目的に合うと言えます。でも・・・

  • ダラシンとディフェリンも初めは効いたけど、徐々に効かなく…
  • ディフェリンが無くなってからはまた再発
  • 治ったので止めてみたら、ニキビ跡は残るし、また再発…
  • 真っ赤になって、そのまま…

このように、「今あるニキビの治療」では、目的通りの結果が得られないというご相談もあります。

ニキビがキレイに治らないままだと、肌のマイナスイメージを気にしながら、損をした気分で毎日を過ごすことになりますよね。

あなたが「ニキビ跡」や「ニキビのくり返し」を避けて「根本的に解消」できたら、

「キレイになったと驚かれた」「こんなに話の面白い人だった?と言われるようになった」

と、今までとは180度違う毎日を過ごせます。

そして今までとちがう目的意識で解消に取り組むことで、あなたのニキビ解消はより効率的になります。(参照:ニキビ半減でも95%がニキビ跡になるニキビ治療

それは、あなたにとって「本当に根本的な解決」ですか?

皮剥けさせるお薬は「ピーリングと同じ」という説明もあるそうです。

ニキビ形成は毛穴のふさがりがひとつの要因。

つまり角質層が厚くなることです。

これを剥離すれば、たしかに「できたニキビ」は解消出来ます。

が、同時にこれらの方法は

「ニキビができ続ける肌を変える」わけではないのです。

(参照:皮膚科でもくり返すニキビの根本的解消法皮膚科のピーリングで再発するニキビ解消法

つまり、もともとの肌の状態、性質が

「ニキビ跡が残りやすく、ニキビが続く悪循環が続いている場合」では、

目的と解決方法がずれていることになります。

肌質によってはピーリングと同じく悪循環が悪化するリスクもあります。

ニキビループを治す薬で治療しても
(参考:ニキビが治る方法でニキビループ。根本的解決の最短距離とは?

なぜなら問題が「くり返し毛穴をふさぐ肌」である場合、

「それを剥がすこと」 と 「くり返しを止めること」 は、

まるで違うことになるからです。

例として。

もしあなたが角栓が気になっていて、

「角栓を取れば取るほど角栓が詰まらなくなる」と言われて、

あなたは「そうだな!よし取りまくるぞ!」と思いますか?

あなたにとって「根本的な解決」が、「対症療法のくり返し」なら、それでもいいかもしれませんが、同じ努力なら「詰まらない努力」の方がいいですよね。(参考:皮膚科の治療薬で繰返すニキビの根本的解決とは

長期間「ニキビが続くこと」の解決とは?

あなたが長年ニキビをくり返し、ニキビ跡にも悩んでいるなら、これまでの方針を、一度整理して考えることをおすすめします。

ニキビ跡やくり返すニキビに対して「今あるニキビ治療」をくり返すことが、あなたの思うゴールに至るのでしょうか?

むしろ「肌に不適切な方法」を早い段階で避ける事が重要ではないでしょうか?

なぜなら、肌は「体を守るバリア機能」という性質上、そして、肌質によっては、マイナスの行為に対して、より強く反応を起こすからです。

つまり「くり返し」が悪化するリスクもあるのです。

逆に言えば、このようなリスクとその回避方法を、あなた自身が前もって知っていれば、ニキビ解消は効率的に根本的にできます。

2013年9月19日14:57 / 投稿者:terakaz

良い肌のスキンケア体験談

ニキビ・赤ら顔の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

ここから必要な情報を検索