ベピオゲルでニキビが増えた・悪化・再発した人向け解決方法


発売当時、ニキビ治療の特効薬として紹介されたベピオゲルですが、効果的な分、副作用が強い、また使用を止めるとまだニキビが出来るなど、様ざまなご相談をいただいています。

  • ピーリング、イオン導入、ディフェリン、ベピオゲルなどで一時改善することもあったが、また悪化。ニキビ跡角栓などの黒ずみもありニキビ跡の赤みも気になります。どうにか良い治療法はありませんか?

ベピオゲルで悪化したご相談

もしあなたも同じようなお悩みをお持ちなら、順を追って整理しながら問題を考えていきましょう。

ニキビの原因とベピオゲルの効果

まずニキビは「皮膚表面のバリア角質層が毛穴をふさぐ→皮脂が出れない・毛穴のニキビ菌が増加→炎症」といったプロセス、要因が重なる結果、毛穴がニキビの状態になるというものです。

ニキビ形成とベピオ・過酸化ベンゾイルの効き目過酸化ベンゾイルは、ピーリングやディフェリンゲルデュアックのように、毛穴をふさぐ角質層を除去するとあります。

また、活性酸素が抗生物質とは違うプロセスでニキビ菌を殺菌しますので、耐性菌(薬が効かない菌が増える)の心配もないということです。
(参照:強力な抗菌作用を持つBPO含有製剤)

ベピオは図のように「ニキビを治す効果が高い薬」と言えるでしょう。でも同時に「合わない肌には合わない」という問題もあるようです。
(参照:ニキビ治療薬として過酸化ベンゾイル配合ベピオゲル承認)

ベピオの副作用がひどいという悩み

薬は一般的に効果があれば副作用もあるものです。
そして以下のようなご相談をいただく機会が2年ほど前から増えています。

  • いまではベピオゲルを使用しています、赤みが全然引かず毛穴も開き、白ニキビが頻繁に出来ます。
  • ベピオゲルを塗ってましたが、激しい痒みと痛みで続けられませんでした。

ベピオゲルで痒み・痛み・赤みの副作用がひどい

まず角質層は「体を守るバリア」です。そしてニキビはその角質層が毛穴をふさいでつくられます。

そしてベピオゲルやピーリング、ディフェリン、デュアックなどもですが、角質層を壊すことで、ニキビの治療や予防をする方法です。

そのため使用した部分では、体を守るバリアが弱い状態になります。その結果「乾燥する」「赤みがでる」「ヒリヒリする」「痒みが出る」等の問題も起きてくるのです。※その予防のため保湿も指導されると思います。

とはいえ、これらの副作用とされるものは、効き目の裏返しといえます。だから「しばらく我慢が必要」とされるようです。

主な副作用は皮膚剥脱(18.6%)、適用部位刺激感(14.0%)、適用部位紅斑(13.8%)、適用部位乾燥(7.4%)など。(参照:日経メディカル)

ベピオゲルが効かない・ニキビが増えた

また、ご相談の中には、以下のようなつらいお話もあります。

  • 先生がベピオとディフェリンが効かないなら外用薬で効くのはない。これ以上の手段はなくお手上げと言われた。
  • ディフェリンゲル、ベピオゲルを経験しましたが、治っては出来るの状態で、対処療法にしかなっていません。

ベピオでニキビが治らない・効果がない

ベピオに限りませんが、ピーリング、ディフェリンなどでは「古い角質が原因」と仮定し→「だから古い角質除去で解決」とイメージされがちですが、人体にとって、バリアは常に必要です。

だから皮膚は壊れたバリアを急いで修復します。でも急いでつくられたバリアが毛穴をふさげば、また毛穴はニキビの状態になります。

多くの場合は、毛穴をふさぐ角質層を剥離すれば、ニキビの形成要因はそろいません。だから「治る」と言えます。

でも、新しく作られる角質層が、また毛穴をふさぐなら、またニキビもできてしまいます。これが「人によって合う・合わない」と感じるところではないかと考えられます。

また、あなたの目的が「ニキビを治すこと」なのか?それとも「肌を健康でキレイにしたい」なのか?という、「目的に合う合わない」ということでもあります。

ベピオゲルはニキビ跡に効果ありますか?というご質問

ベピオゲルは肌の表面である角質層を剥がします。
ニキビに対する効果としては、ピーリング治療と基本は同じ発想で、実際そのように説明をされる情報も散見されます。

そのため「ピーリングのようにニキビ跡も治る?」と考える方もいらっしゃいます。

とはいえ、そもそもピーリング自体もニキビ跡を治療する方法と言えるのか、怪しいですし、それ以前に、ニキビ跡は「治った跡」です。

つまりニキビ跡は「ニキビがキレイに治れない・スムーズに治らない」という状態ですので、本来なら「肌自身が傷をキレイにスムーズに治せる」ことが必要になります。

赤みのニキビ跡が残るニキビの治し方を避けたり、ニキビ跡の色素沈着が残らないニキビの解決を考えることが、結果的には安全と言えます。

ベピオゲルはそのような目的のものとは、別のものですので、この辺りは区別しておく方が良いでしょう。

また「細胞が新しく入れ替われば→症状は排出される=治る」という考えは、必ずしも成立するものではありません。

新しい細胞が「トラブルを起こしやすい新しい肌」を形成するなら、問題は解決しませんので、このあたりも注意が必要です(新陳代謝は万能ではありません)。

ベピオでは治らないニキビのくり返しと対処法

ベピオゲルはニキビに対して優れた治療効果がありますが、同時に合わない肌には合わない傾向があるようです。

角質層はもともと常に入れ替わり続けます。それが毛穴をふさぎ続けるままなら、結果として毛穴はニキビの状態になりやすいままです。

ベピオを使っても毛穴がふさがるならニキビはできますし、使用を止めると毛穴がふさがるなら、ニキビは再発します。

また、バリアを壊す方法ですから特に肌の弱い人には過度の負担になるという相性の問題もあります。

もし、あなたがニキビ治療をがんばってもニキビをくり返し、跡も残りやすく、問題を根本的に解決したいとお考えなら、まずはWEBカウンセリングからご相談ください。他の選択肢もあります。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2017年5月31日18:43 / 投稿者:terakaz