ジェネシスレーザーでもニキビが続き、赤み、痒みもあるなら


美容皮膚科でジェネシスを10回しましたが…などのご相談。

  • ジェネシスを受けて赤みが酷くなった
  • 痒くなった
  • 何十万円かけてもニキビが出続けます

このようなご相談をいただきます。

レーザー治療はニキビよりも、ニキビ跡治療に用いられること多いようですが、ジェネシスの宣伝をざっと見る限り、アクネ菌(ニキビ菌)の殺菌や、皮脂腺の破壊、表面の古い角質を取り除くピーリング効果もあるということです。

ある程度コントロールされた刺激だとしても、「傷めることで、傷んだ部分の再生を促す」という方法論に変わりはありません。優れた方法でも「合う合わない」という問題はあります。

「肌を傷め、その後、皮膚の治癒力に期待する」という方法は、「傷めた後で正常に回復する肌」であることが、問題解決の前提条件です。

でも、もしあなたの肌が「回復が苦手」だとすれば、あなたの肌はどうなるのでしょうか?

「肌をきれいにする光線」ではない。

皮膚は身体を守るために、表面を覆う臓器です。そして、その役割を最前線で行うのが角質層です。

角質層は、わずか0.02ミリの薄いバリアです。このバリアを作るために、表皮の細胞は常に生まれ変わり、表面の角質層を形成し、剥がれ落ちるサイクルを、理想的な場合、およそ一ヶ月かけてくりかえしています。

keratinocytes-normal
このサイクルが正常にくり返され、作られた角質層が正常なバリア構造をつくり続けていれば、肌は見た目にきれいで健康な状態を維持します。(参照:きれいな肌とは

押さえたいポイントは、肌は身体ですから、壊れたり、傷つけば、肌は「その傷を治そう」とします。ピーリングやレーザーなどの治療法は、「肌のこわし方」であるということです。
principle-of-laser-treatment
そして、「肌を作る」のは、「ピーリングやレーザーの力」ではなく、「肌の機能」によるものです。

角質を取り除くと、肌はどう反応を起こすか?

もともとある程度以上、肌が正常に機能しているなら、「こわす行為」も大きな問題にはなりません。誰でも「ほんの小さなケガ」をしますが、すぐにキレイに治癒します。

ですがトラブルを起こしやすい肌は、通常よりも早く角質層をつくり続け、刺激への反応も激しくなります

急いで作られた角質層は、水分を抱えるアミノ酸の生成が十分にできないため、乾燥状態をくりかえします。それが毛穴をふさぎ、ニキビ形成のプロセスになる場合もめずらしくありません。(参照:皮膚科のニキビ治療でもくり返すニキビニキビ治療薬でもくり返すなら

そして、あなたのお肌が「丈夫な角質層を作れない結果、トラブルが起きていた」というサイクルをくりかえしていたなら、皮膚をこわす行為は、このような状態の肌をいっそう刺激して、トラブルの反応が激しくなるリスクがあります。

keratinocytes-damaged
その結果、肌の仕組み上、赤みや痒みの悪化を伴うことは不思議な事ではありません。(参照:肌トラブルとは肌質考察

仮に悪化のない場合でも、上記のように光線自体が肌を作るのではありません。「弱いバリア構造」をつくり続ければ、「治らない」と感じることになります。

ジェネシスが合わない肌が、クリアすべき条件とは?

通常ならレーザーやピーリングによって皮膚やニキビを同時に破壊すれば、ニキビをこわし、同時に肌の細胞も入れ替わり、「ニキビは治る」のかもしれません。

でも、それらの目的は「正常な肌をつくり、維持すること」ではありません。したがって肌の細胞が何度入れ替わっても、問題はくりかえし起き続けることは、不思議なことではありません。(参照:ニキビ半減でも95%がニキビ跡になるニキビ治療

このような場合、「できたニキビの解消」だけではなく、「トラブルが起き続ける肌の問題」を解決することが優先事項です。(参照:ニキビの完治なら

もし、あなたが抱える問題が「できたニキビとその治療法」で解決するなら、様々な治療法で、すでに問題は解決できていると思います。

でも、あなたがご自分の肌を「ニキビが出来ない正常な肌にしたい」と思うなら、問題の見方も解決のプロセスも、今までとは変えることをおすすめします。

まず、WEBカウンセリングであなたの肌についてお聞かせください。あなたの肌が抱える問題の本質をさぐり、適切な方法で肌を変えていくことが、問題解決の第一歩です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2013年11月10日15:44 / 投稿者:terakaz