IPLフォトでもニキビやニキビ跡が治らない!

IPLフォトでもニキビ再発やニキビ跡が治らない ご相談。


ニキビを長期的にくり返してニキビ跡も残る状態では、「肌を生まれ変わらせたい」と考えがちです。

  • 韓国の美容皮膚科で3回IPLを施術してもらい完全にニキビがなくなりました。でも1年半後、徐々に顎にニキビが再発。今も顎、フェイスラインのニキビが出来ては消えての状態です。
  • PDT治療で悪化し、にきび専門医を探してピーリング、エレクトロポーション、IPLレーザーを始めたが、レーザーの後赤みが強くなり、大きなにきびが出ます。
  • 社会人になってからニキビが発生して繰り返し。ニキビ跡が残り、皮膚科で処方された過酸化ベンゾイルの薬、ピーリングやIPLも効果なし…

そこでIPLなどフォトフェイシャル(光治療)をされる方も少なくありません。
ただ、どのような治療でも言えますが、「誰にでも・思ったように」と行くわけではありません。
では、どうしてうまく行かないか?解決するにはどうすればいいか、考えていきましょう。

ニキビとニキビ跡のプロセス

まず、ニキビは肌表面の角質層が、皮脂が出るはずの毛穴をふさぎ、毛穴にいるニキビ菌(酸素が嫌いで皮脂が好き)が増え、炎症を起こす状態です。

IPLでも治らないニキビとニキビ跡のプロセス

そして、この炎症の際に、周囲の組織が傷を負い、その傷跡がニキビ跡となります。

状態としては「毛穴の小さな傷」と「その傷痕」のように考えてください。(参照:ニキビ跡が皮膚科でも治らない場合の方針のたて方

「ニキビ痕が残りやすい」のはどんな肌?

通常なら浅い傷は、表面が回復し→その後組織が修復され→治癒といったプロセスを経て、通常の状態に戻ります。

しかし、よく言われるように、触りすぎたり、また肌質によっては化膿なども伴うと、炎症が悪化したり、長引いたりで、傷の状態が悪化することもあります。

また、通常の肌なら正常な状態の表面が修復されるのに、もともと表面を丈夫に作れない肌質などでは、炎症が続きやすかったり、刺激に反応を起こしやすくなる、色素細胞が活発になりやすいなど、跡が残る要因が重なりやすくなります。(参照:ニキビ跡の赤みが残る治し方と、自然な肌色に回復できる方法の違い

IPLでニキビやニキビ跡はどう治る?

フォトフェイシャルは様々な波長の光によって、肌の層、反応するものに対して、ダメージを与えることで、悩みを除去する方法とされます。

IPLで治るニキビやニキビ跡の色素沈着

IPL光治療の場合は、ニキビや色素沈着のニキビ跡に効果があるとされます。
肌の表面よりの比較的浅い層に光線を当てることで、色素沈着の原因となるメラニン色素や、赤みや炎症になる毛細血管を破壊します。

その結果シミやそばかす、くすみ、ニキビ・ニキビ跡、赤ら顔といった肌悩みに対する治療になるとされます。

なぜIPLでも「治らない」のか?

まず、ニキビは肌の表面の角質層、毛穴から排出される皮脂、常在菌であるニキビ菌といった、ありふれた要因で構成されます。
これらは誰でも普通に存在しますし、だからこそニキビは人口の約9割が経験する、「よくある肌トラブル」にもなります。
そしてニキビができやすいバランスに傾けば、毛穴でニキビの要因が重なり、その毛穴はニキビ状態になります。

とはいえ、上記にあるように、ニキビやニキビ跡はその状態を壊してしまえば治ります。
これはフォトフェイシャルに限らず、ディフェリンベピオゲルのような薬、ピーリングなどでもそうです。

治すことは、これらで可能です。

でも、肌のバランスが「ニキビができやすいまま」であれば、何度治してもニキビの要因が重なります。

IPLでもニキビやニキビ跡は完治しない

その結果、「治す→ニキビが出やすいバランスのまま→できる」という状態が変わらないままです。
これはまた、ニキビ跡のような「小さな傷痕」の修復がスムーズにできない要因にもなります。

その結果「治す→できる→跡が消えない→また新しいニキビ・・・」という循環は変わりません。

そして、多くの場合、これを「ニキビが治らない」「ニキビ痕が治らない」と感じてしまいます。

でも実際は「治したのに出続ける」です。(参照:「何をしてもニキビが治らないのはなぜ?」というご質問

 

IPLでも治らないニキビやニキビ跡はどうすれば?

光治療・フォトフェイシャルは、美容治療の中でも比較的肌へのダメージが少なくニキビの症状を治療できる方法です。

しかし、ニキビをくり返しやすい方は、単に治しても「くり返すニキビ」と、それに伴い「残ってしまうニキビ跡」の解決が必要です。

でも、これらの美容治療はその時々の症状は治療するもので、「トラブルの起きやすさ」を解消するものではありません。

ではどうすればトラブルに強い肌になるか?
まずはカウンセリングフォームからご相談ください。

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

私たちもあなたと同じように、悩んでいました。でも今は...

2021年2月12日15:07 / 投稿者:kazuyuki terada