ニキビの薬で痛めた肌からの回復ケア


大阪から、りっちゃんがお母様と一緒にケアの練習にご来店です。

初めてのご来店は大学受験前。

それまではディフェリンやベピオゲル、抗生物質などでニキビは治っていたのに、徐々に効かなくなりはじめ・・・というタイミングでご来店でした。
(参照:ニキビが治らないディフェリンでのお悩みベピオゲルでニキビが増えた・悪化・再発した人)

はじめのうちは、徐々に大きめのニキビが頬に出来たり、赤みも帯びていましたが、まずは受験に専念。

半年後、見事合格されてからレクチャーにご来店され、ケアの復習を受けていただいてました。

薬を使用されていた時よりも一旦、ニキビは増えてしまいましたが、「時間はかかる」と理解していただけたのでコツコツとケアを続けていただけました。

前回のレクチャーご来店時に指導させてもらった箇所は改善されていましたが、少し力加減や手の使い方を調整。レクチャーが終わる頃には上手にできていました。

ケアを開始されてまだ1年弱ですし、まだまだ安定した状態ではありません。

お鼻の周りはまだ少しザラつきが有りますが、「ニキビは出来にくくなって、出来てもすぐに小さくなっていきます。」とのこと。

自然と努力を積み上げる事が得意なりっちゃんです。
良い方向に向かっています。

そして、お母様が誰よりも応援してくれる心強い味方です。
ひとまず「成人式にはキレイなお肌で」をめざして頑張っていきましょうね(^^)

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2018年8月10日15:05 / 投稿者:teradamiwa