大人ニキビ・生理前ニキビの予防で陥りがちな、間違った問題設定


  • ほっぺというより大人ニキビが顎口周りに多く毎日悩んでいます
  • ニキビ専用のスキンケアを使い、ホルモンバランスやストレス、食生活と気をつけてケアをしてるのですが、一向によくなりません
  • 自分では、ホルモンバランスの乱れ、もしくは内蔵、それとも便秘、のうちどれかと思っています
  • 特に生理前にニキビが増えるのですが、最近では生理前に限らずたくさん出てきて困っています

大人ニキビ、生理前のニキビについてのご相談では、
「情報を沢山見た結果、何が原因で大人ニキビができ続けるのか?かえってわからなくなる」
ということが多くあるようです。

頑張って予防や治療に努めていても、良くならないばかりか、悪化していく結果になる。そして「私のニキビの本当の原因は?」と際限なく情報を探し続ける。

もし、あなたが既にそのような状況なら、これまで見てきた「ニキビの情報」をいったん棚上げして、視点を変えて現状を考えることをおすすめします。

大人ニキビと思春期ニキビ。予防法の違いって?

思春期ニキビ、大人ニキビに関して、いくつかの記事を書きましたが、基本的にはこれらの区分について、ことさら意識する必要はありません。

なぜならいずれもニキビの形成プロセスの

  • 肌の状態
  • 皮脂分泌の影響

などのバランスが崩れることで生じるもので、その結果としての「ニキビという毛穴の状態」にすぎません。

「大人ニキビ、生理前ニキビ」と言われると、ことさら「特殊なニキビ」であると想像してしまいがちですが、まず、ニキビ自体は人口の約9割が経験する「よくある肌トラブル」です。

そして多くの場合、放っておけば、ニキビ跡も残らず、すぐにきれいに消えますし、何年も悩むことにはなりません。よくある「一時的にちょっと肌の調子を崩した」という問題です。

「場所によって種類が違う」と思う人からは「中学生くらいから大人ニキビをくり返しています」「高校生ですが、頬に出来始めたので、大人ニキビかなと思っています」などのご相談をいただきます。

容易に解消できたかもしれない状況を、より悪化させる可能性

たとえば、市場の宣伝によくある「ニキビは古くなった角質が原因だ」という場合、

  • 「思春期の人」には洗顔料や安価な化粧品が解決法として提示され
  • 「大人の人」に向けては高額医療や高価な美容機器、化粧品が解決法として提示され

ているだけではないですか?

つまり、「同じ原因に対して、違うモノや方法を推奨する」というのが実情でしょう。

「消費者心理」を考えるなら、それでもいいかもしれませんが、「肌の問題解決」を考える場合、「出来る場所や年齢によって、思春期ニキビと大人ニキビにセグメント化すること」では、根本的な解決にはなりません。

では「思春期ニキビ、大人ニキビ」よりも重要な問題とは何でしょうか?

「大人か?思春期か?」よりも重要かつ深刻な問題点

より重要なポイントは

  • ほうっておいても早くきれいに回復しやすいか?
  • 慢性化やニキビ跡、毛穴や赤みなどの諸症状を伴いやすいか?

という分別です。

前者は何かをしてもいいし、何もしなくてもいいだけです。

そして、後者の場合、単純に「ニキビの原因と対処」を頑張っても、それでも「新たなニキビをくり返し、ニキビ跡も増えていく」ということになりがちです。

当社へのご相談で多いパターンでは

  • ニキビ専用のスキンケアを使い、ホルモンバランスやストレス、食生活と気をつけてケアをしてるのですが、一向によくなりません
  • 低容量ピルを飲んでいる間は出ないけど、飲むのを止めると再発
  • 低容量ピルを飲んでから悪化・激増
  • ピーリングとビタミンC導入をしていますが、治りません

など様々です。

いずれの方法も、その考え方は

「ニキビの原因は毛穴のふさがり、皮脂、ニキビ菌」

「これらに対処すればニキビは治る・予防できる」

というものです。

とはいえ、同じニキビ予防でも、2つの方針のたて方があります。

積極的なニキビ予防

一つ目は「ニキビができる前に予防する」という考え方です。

たとえばピーリングや角質剥離のニキビ治療・ニキビケア、軽度のレーザー治療や、ピルなどはこれに当たります。

「毛穴をふさぐ前に剥がさないと毛穴が塞がるから、角質を除去する」
「皮脂を抑制しないとニキビになるから、皮脂を抑制する」

ということです。さらに前提を考えれば

毛穴がふさがると皮脂が肌の表面に出れず、ニキビ形成要因になるので、そうなる前に剥がして毛穴がつまらないようにする。

生理前には男性ホルモンの比率が増え、皮脂分泌が増加する傾向があり、これもニキビの要因になる。だからそれを事前に予防する。

ということです。

これらはニキビの「予防」とも言えますが、基本的には皮膚科や婦人科でのニキビの「治療の考え方」の延長といえます。

問題が「ニキビのツブ」であるなら、このような方法でも予防効果は得れるはずです。

しかし「角質が毛穴をふさごうとする」「皮脂を多く出そうとする」などの諸問題は「あいかわらず起こりやすい」という前提があっての対処法です。

でも、繰り返し続くニキビにお悩みなら、その問題を解決しないまま、バリア構造を壊したり、皮脂のバランスの取り方が乱れることで、問題が複雑になる可能性もあります。

結果的にニキビを予防する方法

もう一つは「肌を健康できれいにしておく」という考え方です。

言い換えれば「ほとんどニキビができないし、仮にできても、放っておいても治る人と、同じ肌の状態にしておく」ということです。

ニキビが形成される諸条件は、皮膚表面のバリア構造に問題がなければ、揃いません。したがって、長期間にわたって肌を剥がしたり、薬品使用を続ける必要もありませんし、この目的の場合、するべきではありません。

はじめから「健康でキレイにする」ことが目的ですので、バリア構造を壊すリスクもありませんし、皮脂を抑制して皮脂膜のバランスを壊すリスクもありません。

ニキビ予防選びは、現状分析から

もしあなたの目的が「ニキビができなければいい」だけなら、積極的な予防を一時的に行えば事足りるでしょうし、それは手間もかからない効率的な方法と言えます。

でも先ほどお話したように、そのような方針でも、新しいニキビができ続けたり、何かをするほど問題がこじれると感じるなら、今までとは問題の見方を変えて、「肌を健康できれいにしておく」方針をおすすめします。

あなたの肌を「健康でキレイな肌の人」と同じ状態にしておくほうが、かえって効率が良い場合もあるからです。まずはWEBカウンセリングからご相談ください。

2014年2月7日23:56 / 投稿者:terakaz

良い肌のスキンケア体験談

ニキビ・赤ら顔の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

ここから必要な情報を検索