ニキビ治療は対症療法。根本的な治療をしたい。

ニキビ治療は対症療法なので、根本的に治したい。というご相談


ニキビ治療は近年、海外からの新薬が増えて、「治療の選択肢が増えた」「世界標準の治療が可能になった」と言われます。

でも・・・

  • 学生時代からできやすい体質で、ここ数年、顎だけ繰り返すようになりました。
    皮膚科に通っていますが、対処療法しか提示されずに治るまえに次のものができています。
  • もう自分ではどうしたらいのかわかりません。皮膚科にいっても、処方されるものは変わらないし、対症療法のみで…泣 自分の肌に自信を持ちたいです…泣

対症療法で解決しないニキビ相談

というご相談もあります。
ほとんどのケースで新薬は効果的な治療になるはずですが、まれに「ニキビを繰り返す」という場合もあります。
では、そのようなケースでは問題をどう考えるべきか?

ニキビができるプロセスとニキビ治療

ニキビは肌の表面の角質層が毛穴をふさぎ、皮脂が出れなくなり、その毛穴で菌などによる炎症が起きる状態です。

そのためニキビの治療は「バリアを壊す、皮脂の抑制、殺菌」などの方法になります。

ニキビの原因と、ニキビ治療のバリエーション

以前は抗生物質などで殺菌したり、圧出などで物理的にニキビを除去する方法が主でしたが、ピーリングのように毛穴をふさぐ角質を除去したり、同じように角質の除去を薬で行うなどの方法、抗生物質以外の殺菌、ピルによる皮脂抑制など、様々な治療が行われます。(参照:長期ニキビの解決方法。ニキビ治療と別の選択肢 , ピルでも悪化・再発をくり返す大人ニキビ。健康的な肌を取戻す方法

いずれの場合もニキビの要因が重っていない状態にすれば、「ニキビは治る」とは言えます。

でも「対症療法に過ぎない」というご相談

宣伝などでは「根本的なニキビ治療」「ニキビループを止める」みたいには言われますが、

  • ディフェリンゲルでニキビは一時的に収まりましたが、薬をやめた後は再発。薬なしが怖くて通院を続け、ディフェリンゲル→ベピオゲルを経て、一昨年くらいから現在までずっとエピデュオゲルを使っています。塗り薬は対処治療で、根本的な治療ではなく、そろそろこの生活にピリオドつけたいです。
  • 2年前に社会人として働き出したときより、吹き出物が頻繁に出来だし、治っては出来ての負のサイクルになっています。ディフェリンゲル、ベピオゲルを経験しましたが、治っては出来るの状態で、対処療法にしかなっていません。

ニキビループを治すはずのニキビの治療薬でもニキビの繰り返し相談

といったご相談もあります。

皮膚科さんのHPなどでも「ニキビは原因療法・根治療法する問題ではない」ということをおっしゃる方もいますし、実際、ニキビを構成するのは「肌表面のバリア・皮脂・常在菌」といった、誰にでもあるものです。
これら自体は生きている限り無くなりはしません(無くすべきでもないですし)。

ニキビ治療と虫歯治療に共通する問題
(例えば歯の場合は「虫歯を治したら虫歯にならない」という話はだれも信じないと思いますが、それに似た「認識のこじれ」があります。)

何度ニキビを治しても、肌のバランスが「ニキビができるバランス」に傾けば、ニキビ自体はできます。治し方の問題とは違います。

(参照:ニキビが永遠に治らない気がする。というご相談 , 治してもくり返しできる大人ニキビを解決する方法

ただ実際には、ほとんどの方はニキビを治し、肌のバランスが回復し、ニキビはそう繰り返しません。そもそも大きく調子を崩しにくければ、ニキビ自体も深刻なレベルにもなりにくいです。

もし、そのような肌で、ニキビを「治したい」という場合は、対症療法や緩和療法は有効かつ有用でもあるのです。

「対症療法ではなく根本治療を」が問題をややこしくする

とはいえ「根本的に治らない」「ループが続く」とお悩みの方からの、まれなケースとしてのご相談はどう考えるといいのか?

ニキビは、肌が「ニキビができやすい状態」「ニキビができやすいバランス」に傾けば、不可抗力的にできてしまいます。

原因療法が意味のない理由

ブツブツの見た目から「体内の毒」的に言われることもありますが、ふさがってない毛穴から毒が出ているわけでもありませんし、身体が積極的に何かを出している状態とは違います(むしろ、「皮脂が出れない」状態)。(参照:エステでのニキビ悪化や増加は好転反応?

肌表面の角質層は「身体を守るバリア」なので、生きていれば作られ続けますし、過剰に壊せば別の問題も起きますし、それがニキビの悪化につながるのも不思議なことではありません。

また皮脂を除去すれば肌が乾燥してトラブルを起こしたり、ニキビ菌もバリアのバランスを維持するには必要です。(いずれも毛穴がふさがらず、バランスが正常なら問題の無いものです)

つまり、「悪の根があって、それを治療すれば根治する」というタイプの問題とは違うわけです。
「治してもできやすい」という人の場合、その「できやすさ」は「治療の対象」になるのか?ということです。(「ニキビ出やすい病」に罹っているというわけではないので。)

では根本的なニキビ解決は?

「治しても、でき続ける」という状況を、「ニキビが治らない」と考えると、「別の治し方は?」「根本的な治し方は?」と考えてしまいます。

でも、そもそも「根」がありませんし、また、ニキビを治すことは、どうしても「できたニキビや、ニキビができる前に対症療法」という流れになってしまいます。

つまり「ニキビ自体が問題」と考えていると「対症療法を続けるか、根本治療を探し続けるか」という選択肢だけになってきます。

でも問題設定を変えれば、問題解決の方法も広がります。

では、ニキビができにくく、できても悪化せず、肌が勝手にキレイに治してくれる人は、どのような肌なのか?
そして自分の肌は今、どういう状態で、何が必要なのか?

そういう地味で地道なところから考えていく方法もあります。
地道に取り組みたい方は、WEBカウンセリングからご相談ください。

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

2020年2月23日15:02 / 投稿者:kazuyuki terada