永遠にニキビが治らない

ニキビが永遠に治らない気がする。というご相談


「このまま永遠にニキビに悩み続けないとダメなんでしょうか?」というご相談があります。

  • 数年前から顎周りのニキビが治らなくなり、一つが治ったと思ったら、また新しいニキビが出てきて毎日憂鬱です。永遠に治らない感じがします。
  • エステ、皮膚科、化粧品でも一向に良くなりません。
    一つ治ったと思ったら二つできたりといったように永遠に繰り返している状態です。
  • 美容皮膚科でレーザー治療し、マシになりましたが根本的に治らないのでニキビを永遠繰り返して、ニキビが出来たら美容皮膚科のレーザーにて潰す。ということしかしていません・・・

今では様々な効果的な治療でニキビは治せますが、治してもまたできてしまい「永遠に治らない」「永遠に繰り返す」とお悩みの方もいます。

この場合、問題をどのように考え、何をするべきか?解決の糸口を探りましょう。

ニキビができる要因とプロセス

まず、肌の表面は角質層という、わずか0.02㎜のごく薄いバリアがつくられています。
皮膚は、このバリアを常に入れ替えながら、体を守っています。

肌の表面は常に細胞を入れ替えています。これは最終的にははがれれ「垢」になります。
これは永遠ではないですが、少なくとも生きている間は続きます。

ニキビができるプロセス

この入れ替えサイクルで作られるバリアも、毛穴から出る皮脂も、ニキビ菌も、誰の顔にでも普通に存在します。

ただ、このバリアは、毛穴の中まで入り込む構造で、部分的、一時的に毛穴をふさいでしまうことがあります。

毛穴がふさがると、皮脂が外に出れなくなり、毛穴の中の常在菌が増えて、炎症を起こす、といったプロセスが重なると、毛穴は「ニキビ状態」になります。

ニキビができやすい場所は、このような条件が「重なりやすい場所」とお考え下さい。

ニキビを治すには?

多くの方はニキビを「治すこと」=「できなくなること」と思っていますが、実際には「ニキビのツブ」を治すことや防ぐことが目的になります。

皮膚科での主なニキビ治療

ニキビを構成するのは、肌表面と皮脂、ニキビ菌などになりますので、毛穴をふさぐ肌表面の除去、殺菌、皮脂抑制などを行うために、ピーリングディフェリンなどの治療薬、抗生物質やピルでの治療などの方法、また、レーザーで直接ニキビを破壊したり、皮脂腺を焼く方法を取られることもあります。

いずれに場合も、これでニキビを壊したり、できる前に予防をします。

「ニキビが治る」という言葉の誤解と実際

「ニキビが治る」という言葉は誤解が多いですが、「ニキビが治る」=「ニキビができなくなる」ではありません。

ニキビは「肌の表面、皮脂、常在菌」という「誰の肌でも存在するもの」のバランスが、「ニキビができやすいバランス」になっている状態です。

ニキビを治しても、肌トラブルを起こしやすいままであれば、治療を止めるとニキビが出てしまいます。
また、ニキビを治すことでさらに肌のバランスが崩れるなら、さらにニキビができやすくなったり、悪化したり、跡が残るなどの問題も起きてきます。

たとえばピーリング治療やディフェリンなどは、毛穴をふさぐバリアを壊すことで、ニキビを治せますが、それで肌のバランスは回復しませんし、バリアが弱い人にとっては、バリアが壊れるリスクも高いです。

ニキビが永遠に治らないと感じる理由

肌がトラブルを起こしやすい状態のままでは、ニキビは「治しても、またできる」のは、不思議なことではありません。

この誤解が「永遠に治らない」と感じさせてしまうのです。

治しても永遠にくり返すニキビの解決法とは?

多くの場合、ニキビは治せば解決しますが、「ニキビのできやすさ」はそれ自体が病気ではありません。

またニキビは肌や身体が「積極的にブツブツを出している」のではなく、「要因が重なるとできてしまう」というものです。

ニキビを治してもニキビは出続ける

でも肌の表面や皮脂、ニキビ菌といった要因は「誰の顔にも存在するもの」ですし、肌や身体に必要なものでもあります。

だから除去したり、止めたり、殺菌したりという方法も限界がありますし、度が過ぎれば別の問題にもなってきます。

では、どうすれば、肌に負担なくニキビの要因が重なりにくくなるか。
まずはWEBカウンセリングでご相談ください。

もし、あなたが「どうすれば治るのか?」と思っているなら、この記事や、他の記事にも目を通して見て下さい。
「ニキビのくり返し」は、「治せば解決する問題」とは別の見方や考え方があります。

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2020年2月15日18:19 / 投稿者:kazuyuki terada