日傘男子

紫外線と日傘男子


暑い季節に限らず、紫外線は一年中降り注いでいます。

冬でも曇りや雨の日も、紫外線は刺激として肌に届き、様々なトラブルの反応を引き起こすきっかけになったり、また肌の組織を破壊するため老化の要因にもなります。

紫外線を防ぐ工夫やスキンケアは、季節や天候を問わず行うべきですし、トラブルを起こしやすい肌では、特に紫外線を避けることは重要です。

紫外線の種類

太陽から地上へ届く紫外線にはUV-A波とUV-B波があります。

UV-A波は紫外線の約95%を占め、生活紫外線とも呼ばれます。

これは屋内や、肌の奥の真皮にまで到達しやすい性質のもので、よく肌の老化で問題になるコラーゲンなどの弾力繊維を変性させ、シワやタルミの一因にもなります。

他にも肌の色素細胞を活発にさせて、肌を黒くしたりシミの要因にもなります。

ですから特にニキビ跡が残りやすい方は、紫外線には気をつけるようにしましょう。

UV-B波は、特に今の季節に「肌が赤く痛くなる」性質のものです。

かといって日焼けも起こしますし、炎症によるトラブルも悪化させます。
また刺激は、肌表面の入れ替わりを活発にしますので、肌が荒れ、ニキビの形成要因にもなるので、これにも注意は必要です。

B波は短波で、A波のように屋内まではさほど気を使う必要はありませんが、特に春から夏にかけては、外出時には気をつける必要があります。

UVインデックスも天気予報

紫外線はWHOで指数・指標が設定されています。観測値や予測情報を活用して、予防に役立てましょう。

みなさん、天気予報で雨風の情報はチェックしますよね。
同じ感覚でいいかと思います。

気象庁|UVインデックスとは

気象庁 | 紫外線情報分布図

環境省「紫外線 環境保険マニュアル」(PDFファイル)

日傘男子

最近では紫外線だけでなく「暑さ対策」としても有効なアイテムになった日傘。

ツイッターでもこんな感じで。

これは欲しい。

instaにはオシャレなものも多いですね。

これはサイズも使い勝手良さそう。

日傘もスキンケア

スキンケアは「化粧品の使用」と解釈されがちですが、実際には普段の生活の中で「肌に気をかける」「肌に手をかける」ということです。

日傘の使用もスキンケアの一貫として定着するといいですね。特に今年は熱中症対策としても・・・

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2018年7月31日20:45 / 投稿者:kazuyuki terada