30歳からの大人ニキビの解消法

30代からの大人ニキビ。どうすれば?


もともとニキビができなかったのに、30代を過ぎてからニキビに悩むようになったご相談。

  • 30代からニキビが出始めて、皮膚科に行ってディフェリン治療もしたし、高いニキビケア用化粧品も使ってるけど、治らない。
    今は肌が乾燥してシワっぽいのも気になる。
  • 30代になってから、特に眉間のところと、あごによく吹き出物が出ます。生理前後は特にひどいです。触らないようにしてはいますが、潰れてしまうと最近はずっと跡が残り、またそこに出来る、の繰り返しです。

30代の大人ニキビによくあるご相談

いわゆる大人ニキビと言われる年代ですが、ニキビだけでなく乾燥やシミなども伴い、でもニキビ治療や「気になる症状別ケア」でも良くならず、どうすればいいかわからない、という状態になる方もあります。

まずは問題の全体の把握が大事になるので、すこしずつ整理していきましょう。

30代のニキビの要因

ニキビは「肌表面の角質層が毛穴をふさぎ、皮脂が肌表面に出れず、炎症が起きる」という要因が重なる状態です。

30代でもニキビは同じ

よく「乾燥が原因」「ホルモンバランスが原因」のような話はありますが、それぞれ、「毛穴のふさがりや詰まり」「皮脂の増減」に関わります。

年齢や場所で様々な憶測が言われますが、その時々、その場所で、「これらの要因が重なりやすくなっている」と解釈することが必要です。

また、よくホルモンバランスが「原因」とは言われますが、一つの原因でできるというよりは、「複数要因が重なる」「肌が積極的に作るぶつぶつではなく、条件が重なるとできてしまう」という性質を理解しておきましょう。

(参照:顎ニキビの原因と、くり返す顎ニキビの解決方法フェイスラインのニキビの根本的な解消方法

30代のニキビの治し方(と言われるもの)

ニキビ自体は上記のように、複数要因が重なるものです。
したがって、これらの要因を潰していけばニキビは治ります。

様々な大人ニキビの治療法

ピーリングやディフェリンなどの使用は「毛穴をふさぐ角質」を除去できますし、ピルなどは皮脂量をコントロールし、抗生物質や新薬の一部は殺菌をします。

これらを適宜組み合わせて、ニキビは治すことができますし、それ自体は難しいことではありません。医療系、製薬会社のHPの説明にある通りです。

(参照:ニキビ治療は対症療法なので、根本的に治したい。というご相談)

また、化粧品によるニキビケアなどでも、ピーリングなどで角質を除去したり、保湿を頑張ると乾燥が止まって良くなるという話もあります。

問題はニキビの繰り返し

多くの方は、上記のような方法でニキビを治療し、バランスが回復すればニキビはできなくなります。
したがって、「治る=できなくなる」と考えても問題は生じません。

とはいえ、ニキビの要因は、肌表面の角質層、皮脂、ニキビ菌といった「誰の肌にも存在するもの」で、これらのバランスが、ニキビのできやすいバランスに傾けば、毛穴はニキビ状態になります。

ニキビ治療が効かず、ニキビをくり返す理由

肌表面のバリアも、皮脂も、常在菌も、それ自体を無くせませんし、無くすべきでもありません。

ですから「治しても→またできる」「治し続けているのに、出続ける」という方は、肌のバランスの回復を考慮する必要があります。

(参照:なぜ、ケミカルピーリングでニキビは増えたのか? , ディフェリンでもニキビが治らない、悪化した、効かない、増えた

30代のニキビと肌の老化

30代になると、ニキビ以外にも乾燥やシミなど、老化とされる肌悩みを伴いやすくなります。

10年20年とお悩みの方の場合は、以前よりも跡が消えず、シミになるというご相談もいただきます。

ただ、「ニキビが慢性化しやすい」という方の場合は、「老化」という解釈が、必ずしも当てはまりません。

先程、触れたように、これらは肌のバランスが回復できない時に起きる問題の一つでもあるからです。

過激な美容治療がニキビ慢性化の原因になる場合も

その場合は、肌質の問題もかかわるので、俗にアンチエイジングといわれるケアや治療で、かえって肌を痛め、トラブルを拗らせる可能性もあるので注意が必要です。

※「大人ニキビ」という属性でも、基本的に行われる治療やニキビケアは、思春期と違わないのが実際です。

問題解決には、「大人か思春期か」よりも、「くりかえしやすさ」「慢性化しやすさ」を意識する必要があります。

(参照:治してもくり返しできる大人ニキビを解決する方法)

30代ニキビの繰り返しを逃れる方法

「ニキビを治せば、問題は解決する」と考え、該当する治療やケアを行い、それでニキビをくり返さなければ、問題はありません。実際、大多数の方は、それで問題を解決できるはずです。

でも、もしあなたが、様々な治療やニキビケアを行っても繰り返しでき続ける、ニキビ跡やほかのトラブルを伴うという状態なら、ニキビの「できやすさ」や「肌のバランス」を考えて、対処する方法もあります。

問題が違えば、対処法も結果も異なったものになります。

まずはWEBカウンセリングからご相談ください。

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

2020年4月14日15:29 / 投稿者:kazuyuki terada