イソトレチノインで解決しないニキビ

イソトレチノインでもニキビが治らない・再発する副作用が…というご相談


ニキビ治療の「最後の切り札」とも言われるイソトレチノインの服用ですが、それでニキビが落ち着いても、服用を止めると再発したり、ニキビ跡がきれいにならないなど、お悩みの方もいます。

  • 個人輸入でのイソトレチノン服用をはじめ、片方の頬のニキビは治りましたが、フェイスラインの辺りがしこりと炎症を伴ったひどい状態です。
    とにかくひどいです。
  • イソトレチノインという強力なニキビ治療薬を服用していますが、一時期よくなったものの、三ヶ月ほどでまた元通り・・・。
  • ロアキュタンを飲んだ時期はありましたが、服用を終えて2ヶ月ほどでまたニキビが出来始めてしまいました。

なぜそうなるか?どうすればいいか?考えていきましょう。

ニキビができるプロセス

通常、毛穴の中にある皮脂腺で作られた皮脂は、毛穴から肌表面に排出され、体を守る皮脂膜の一部となります。

イソトレチノインでニキビを治そう

ニキビは、簡単に言えば、「肌表面の角質層が毛穴をふさぎ→皮脂が出れなくなり→ニキビ菌の増殖などで、炎症が起きる」といったプロセスで形成されます。

イソトレチノインのニキビに期待される効果

トレチノインは肌の表面である角質層をつくる表皮細胞を増殖させ、表皮自体は厚みを増し、角質層は薄くなります。

角質細胞の入れ替わり(表皮ターンオーバー)は早まり、また角質の剥離によって、薬が浸み込みやすくなったり、角栓が取れるなどもメリットとされます。

イソトレチノインでニキビを治すプロセス

イソトレチノインはビタミンA誘導体の一つで、ニキビに対しては、皮脂腺の退縮による皮脂分泌抑制、抗炎症作用、皮脂抑制による毛漏斗部の角化異常を抑止するとされます。

ニキビのプロセスは「角質が毛穴をふさぎ→皮脂が出れず→菌が増殖」ですので、これらを効率的に阻害できるということになります。

イソトレチノインによる副作用の話

このようにニキビに対する治療効果のあるイソトレチノインですが、薬ですので、当然副作用の問題もあります。実際に頂いたご相談の中の体験談では

  • ロアキュタンを処方され、一ヶ月で脱毛と湿疹の副作用がでてやめました。

というものがありました。

よく言われるのが、粘膜や皮膚の乾燥、口唇炎、口角炎、ドライアイ、鼻血、脱毛など体表のトラブル、また、骨や関節の痛み、頭痛、生理不順、肝機能・腎機能異常、目のかすみ・夜盲症なども言われます。

他にも精神的なものとしてうつ傾向、またイソトレチノインに限りませんが、ビタミンA系の治療薬などでよく言われる催奇形性などがあり、そのため要避妊とされています。

以下、少し怖めの記事です。
ニキビの薬で9%の子どもに先天異常が?イソトレチノインの危険性

アキュテインの関与が疑われる16歳少年の自殺(英国)

イソトレチノインを個人輸入で通販するって

上記を踏まえても、基本的に個人輸入での使用については、厚生労働省でも以下の注意喚起があります。

”※アキュテイン及びそのジェネリック医薬品については、数量に関係なく、医師の処方せんまたは指示書に基づき必要な手続きを行わない限り、個人輸入することはできません”

アキュテイン(ACCUTANE)(わが国で未承認の難治性ニキビ治療薬)に関する注意喚起について

個人輸入しなくとも、オンライン診療で処方されるところもあるようです。
輸入薬イソトレチノイン治療を中等症以上のニキビの方限定で提供

イソトレチノインで治ったけど再発

私どもに寄せられるご相談では、

  • 美容皮膚科でイソトレチノイン服用、ピーリング等行いニキビ肌は劇的に改善されましたが、通院が終わると、通院前と同じような状態に悪化。
  • 美容クリニックに通い、ロアキュタンを服用、肌の調子は良くその期間も1年ほど続きましたが、薬をやめしばらくして、再発し、今では美容皮膚科に通う前と同じくらいひどいです。
  • ロアキュタンといったお薬をのむと魔法のみたいに治りましたが、辞めるとまたニキビが爆発しました。

といった内容がほとんどです。

イソトレチノイン薬のニキビ再発率は


・12ヵ月時点で、患者の97.4%が「にきびが改善した」と報告した。
・全体では12ヵ月時点の再発率は32.7%、再治療率は1.72%であった。
・イソトレチノイン低用量治療群では、再発率は47.4%(95%信頼区間[CI]:32.3~63.0%)であったのに対し、イソトレチノイン高用量治療群は26.9%(同:18.3~37.8%)であった(p=0.03)。

(※参照:難治性にきびへのイソトレチノイン、やはり高用量がよい?

とあります。

容量による差がありますが、切り札とは言え3~5割で再発ということです。他の医療系HPでも「25~50%で再発」と記載が多くあります。

ニキビは「肌の表面、皮脂、ニキビ菌」といった「皮膚に当たり前に存在するもの」が要因です。
これらが無くなるものではありませんし、無くすべきでもありませんが、正常なバランスを維持しにくい、バランスを崩しやすい肌のままでは、ニキビを治しても、またニキビができてしまう傾向はあるのでしょう。


In most cases, isotretinoin offers a prolonged (and sometimes permanent) acne cure. But in some patients, acne comes back once their course is over.
「ほとんどの場合、イソトレチノインは長期の(そして時には永続的な)にきびの治療法を提供します。 しかし、一部の患者では、コースが終了するとにきびが再発します。」”

(※参照:10 of your most burning questions about Accutane, answered by dermatologists

イソトレチノインでニキビ跡は治る?

ニキビ痕に関しては

  • 美容皮膚科ではアキュテインの内服薬や、病院で直接塗られるケミカルピーリングとレーザーで直接ニキビを潰し絞り出される治療をうけました。
    効果はあまり感じられず、この頃には肌自体もデコボコとしてるようにも見えビニールのような肌質になっていました
  • 皮膚科に行って抗生物質やビタミン剤、ディフェリン、ダラシンを処方してもらっても全く効かず、体質だから諦めろということを先生にも暗に言われたりしました
    別の皮膚科に行き、アキュテインを処方してもらったところ、徐々にニキビが出来なくなってきましたが大きな赤い跡が広範囲に残ってしまいました
  • アキュテイン治療のおかげで少しの間ニキビが出来なくなりましたが、最近また出来始め、出来るニキビが殆どクレーター化するようになってしまい、どうしようもありません。

といった内容の経験談が寄せられていましたが、基本的に真皮層の傷跡を元に戻したような記述は他にも見当たりません。

イソトレチノインで解決しないニキビはどうすれば?

イソトレチノインに限りませんが、ピーリングをはじめ、トレチノイン、レチノール、ディフェリンデュアックベピオエピデュオなど、これらは効率的にニキビのプロセスを阻害する優れたニキビ治療です。

したがって多くの場合、ニキビを効率的に治療できると考えられます。ただ、これらの治療は、あくまで「ニキビを治す」ことが目的です。肌を「安定的に正常に」というものではありません。

そのため、もともと肌の弱い方、反応を強く起こしやすい場合などは、思うように効果を得られなかったり、かえって痛めてしまう場合もあります。

「ニキビを治す」という方針でも、思うようにニキビが改善しない、再発をくり返すなど、そのようなお悩みがある場合は、「肌を健康にする」というのも一つの選択肢になります。

イソトレチノインで治らない、再発をくり返すなどでお悩みの方は、まずはカウンセリングフォームからご相談ください。ニキビは治しません。肌を健康でキレイにすることを考えます。

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

2021年4月9日17:26 / 投稿者:kazuyuki terada