ターンオーバーを促せばニキビは治る?

ターンオーバーを促してニキビは治るのか?というご相談


ターンオーバーとニキビについて、誤解にもとづいていたり、相性の悪いケアや治療をされ、かえってトラブルを悪化させるケースがあります。
ご相談の中にも・・・

  • ニキビはターンオーバーの乱れで、古い角質が排出されないから
    できると知り、ピーリングジェルで角質を2落としたりもしましたが、特に良くならず・・・
  • 常に左頬に違和感を感じます。ターンオーバーが死んでいるんだと思います。化粧水も浸透していない気がします。
  • トレチノインでターンオーバーを促していますが、2週間目にして効果が無くなってきました。毎日ニキビが増えるのでどうしたらいいか分かりません。

など様々なものがあります。
ニキビを治す手段として、ターンオーバーをコントロールすればいいという考え方もあるようですが、なかなかうまく行かないというものです。
まずは情報を整理していきましょう。

表皮のターンオーバー

私たちの体の表面は、皮膚におおわれ、その表面は常に外界の刺激や、バリアの破壊、乾燥など、ダメージを受けます。

皮膚は、表皮層、真皮層に分けられ、表皮層の一番下、表皮基底層という部分で生まれた細胞が→徐々に押し上げられ→押し上げられる過程で死滅していき→表面で「死んだ細胞・アミノ酸・セラミドなどの脂質が重なったバリア」を形成します。

表皮ターンオーバーと角質層の構造

このバリアを角質層といい、角質層を作る過程を角化といいます。

バリアとして体を守った細胞は、剥がれて垢になりますが、また下から新しい角質細胞に入れ替わることで、バリアを維持しながら入れ替わります。
この新陳代謝を、表皮のターンオーバーといいます。(参照:きれいな肌とは

一般的には、数週間~ひと月ほどのサイクルが理想と言われています。

ターンオーバーの乱れとニキビ

でも、バリアが壊れたり、刺激や乾燥、人によってはバリアが元々弱いなどの悪条件が重なると、皮膚は通常よりも早くバリアを入れ替えます。

この状態を一般的に「ターンオーバーの乱れ」といいます。(参照:肌トラブルとは

状況に応じてバリアを急いでつくることは、身体に必要な反応です。
でも、急いで作られるバリアは、一時しのぎのためのバリアです。だから通常よりも「もろい・硬い・乾く・はがれる・厚い」など、様々な問題を抱えています。

ターンオーバーの乱れ

感触としては肌荒れ、ゴワゴワ、ガサガサ、カサカサ、など、基本的に手触りの良いものではありません。

また、肌の表面は毛穴の中まで入り込んでいるので、ここが荒れると、「毛穴づまり、毛穴のふさがり」となります。

毛穴がふさがると→皮脂は出口を失い→酸素が嫌いで、皮脂が好きなニキビ菌が増殖しやすくなり→ニキビ形成やニキビの悪化、になります。

ほとんどの方は一時しのぎのバリアの下から、新しく丈夫なバリアがつくられ、正常なサイクルに回復し、結果、ニキビも解決します。

でも、「慢性的になってニキビが治らない」という場合は、どのような状態なのでしょうか?

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

2018年3月14日18:08 / 投稿者:kazuyuki terada