ターンオーバーを促せばニキビは治る?

ターンオーバーを促してニキビは治るのか?というご相談


ターンオーバーとニキビについて、誤解にもとづいていたり、相性の悪いケアや治療をされ、かえってトラブルを悪化させるケースがあります。
ご相談の中にも・・・

  • ニキビはターンオーバーの乱れで、古い角質が排出されないから
    できると知り、ピーリングジェルで角質を2落としたりもしましたが、特に良くならず・・・
  • 常に左頬に違和感を感じます。ターンオーバーが死んでいるんだと思います。化粧水も浸透していない気がします。
  • トレチノインでターンオーバーを促していますが、2週間目にして効果が無くなってきました。毎日ニキビが増えるのでどうしたらいいか分かりません。

など様々なものがあります。
ニキビを治す手段として、ターンオーバーをコントロールすればいいという考え方もあるようですが、なかなかうまく行かないというものです。
まずは情報を整理していきましょう。

表皮のターンオーバー

私たちの体の表面は、皮膚におおわれ、その表面は常に外界の刺激や、バリアの破壊、乾燥など、ダメージを受けます。

皮膚は、表皮層、真皮層に分けられ、表皮層の一番下、表皮基底層という部分で生まれた細胞が→徐々に押し上げられ→押し上げられる過程で死滅していき→表面で「死んだ細胞・アミノ酸・セラミドなどの脂質が重なったバリア」を形成します。

表皮ターンオーバーと角質層の構造

このバリアを角質層といい、角質層を作る過程を角化といいます。

バリアとして体を守った細胞は、剥がれて垢になりますが、また下から新しい角質細胞に入れ替わることで、バリアを維持しながら入れ替わります。
この新陳代謝を、表皮のターンオーバーといいます。(参照:きれいな肌とは

一般的には、数週間~ひと月ほどのサイクルが理想と言われています。

ターンオーバーの乱れとニキビ

でも、バリアが壊れたり、刺激や乾燥、人によってはバリアが元々弱いなどの悪条件が重なると、皮膚は通常よりも早くバリアを入れ替えます。

この状態を一般的に「ターンオーバーの乱れ」といいます。(参照:肌トラブルとは

状況に応じてバリアを急いでつくることは、身体に必要な反応です。
でも、急いで作られるバリアは、一時しのぎのためのバリアです。だから通常よりも「もろい・硬い・乾く・はがれる・厚い」など、様々な問題を抱えています。

ターンオーバーの乱れ

感触としては肌荒れ、ゴワゴワ、ガサガサ、カサカサ、など、基本的に手触りの良いものではありません。

また、肌の表面は毛穴の中まで入り込んでいるので、ここが荒れると、「毛穴づまり、毛穴のふさがり」となります。

毛穴がふさがると→皮脂は出口を失い→酸素が嫌いで、皮脂が好きなニキビ菌が増殖しやすくなり→ニキビ形成やニキビの悪化、になります。

ほとんどの方は一時しのぎのバリアの下から、新しく丈夫なバリアがつくられ、正常なサイクルに回復し、結果、ニキビも解決します。

でも、「慢性的になってニキビが治らない」という場合は、どのような状態なのでしょうか?

ターンオーバーの期間=ニキビが治る期間ではない

角質が毛穴をふさぎ、皮脂が出れない状態がニキビですから、毛穴をふさぐ細胞が「入れ替わる」ことでニキビは治ると考えられます。

そのため「代謝リズムを早くしよう」とピーリングやニキビ用の化粧品などで、角質の除去を頑張る方は少なくありません。そして、実際「その時できているニキビ」の治療には効果的です。

でも、問題になるのは慢性的なニキビです。

ニキビの時の角質層とターンオーバーの状態

ニキビが治っても、新しいバリアが毛穴をふさぎ、毛穴がニキビの状態になるなら、ニキビはでき続けます。ですので慢性的にくり返すニキビは「細胞を入れ替えれば解決する」という問題ではありません。

多くの方は「ニキビのくり返し=ニキビが治らない」と考えますが、実際には「治しても、新たにでき続ける」のです。(参照:皮膚科でもくり返す、しつこいニキビを根本的に止める方法

ターンオーバー促進のセールストーク

主にピーリング系、サリチル酸配合などの化粧品類で「古い角質が毛穴をふさぎ…」というものが好まれます。

「肌が古いからニキビができる」と煽りを受ければ、誰でも自動的に「古いものを、新しいものに入れ替えれば解決」とイメージしてしまいます。

特に、荒れた状態の角質層を壊す・溶かす・剥がすなどの行為は、つるっとした感触を得られますので、短期的には良くなった感じがしてしまいます。

でも、角質層は「体を守るバリア」なので、過度、または継続的に壊すと、肌はバリアを急いで修理したり、炎症を起こすなど、さまざまな問題を起こします。

ピーリングでターンオーバーを促してもニキビをくり返す

さわり心地がよくても、細胞を入れ替えても、「新しくてトラブルを起こしやすいバリア」がつくられるままなら、トラブルを起こしやすいままだからです。

※ニキビ治療はアメリカでも盛んに開発されますが、以下の記事にもあるように、”ターンオーバーが「遅いから」、肌の毛穴を詰まらせる”という前提を置く傾向があります。でも必ずしも黄色人種も同じであるとは限りませんし、個人差もあるので注意が必要です。(参照:Adult Acne: Why It Happens and How To Treat It-huffingtonpost)

では、ターンオーバーを促すための、治療や化粧品や薬やサプリ、エステはどうなのか?

ターンオーバーを促す治療や化粧品、薬やサプリ、エステは?

最近では人気も下火の感がありますが、今でもAHAやフルーツ酸、サリチル酸など、ピーリング効果のある化粧品で「角質代謝を促そう」といった宣伝もあります。

また、レチノール配合化粧品や、レチノイン酸(トレチノイン)、最近ではビタミンA導入のエステなども、角質代謝を促進させる目的、もしくはイメージさせる方法かと思います。

いずれも、「入れ替えれば良くなる」という考え方ですが、細胞や物質を新しくても「トラブルを起こしやすいバリア」が入れ替わるだけなら、やはりトラブルを起こしやすいままです。

なぜならこれらは「肌を元気にして細胞を入れ替える」のではなく、バリアを壊して、肌を緊急事態に陥らせる方法です。だから一時しのぎのバリアをくり返し作ることにもなるのです。

また、ここ数年、ビタミンA導入のエステで、赤みがひどくなったなどのご相談を受けることも増えています。
ビタミンAは表皮のターンオーバーを促進しますし、また炎症も起こしやすいので、どのような導入方法かに限らず、トラブルを起こしやすい場合は避ける方が無難でしょう。

かといって逆張りの角質培養や肌断食でも・・・

逆に敏感肌市場・ナチュラル自然派市場では「ニキビの原因はターンオーバーが早いことだ」と宣伝されます。

ニキビと毛穴と角質層の状態

肌断食や、角質培養などでも「角質を除去しすぎると、未熟なバリアになる」という説明です。

これは間違いではないですし、バリアを壊さないようにさえすれば「壊しすぎの悪化」というリスクは避けることができます。

そして、悪化リスクを避けて、バリアが回復する場合はいいのですが、回復までに別のトラブルが起きることもあります。

また、ある程度落ち着いたとしても、肌がキレイになるわけでもなく、また、トラブル自体は起きやすいなら、やはり「バリアを正常に回復できていない」ということです。

また、化粧品成分は肌を健康にする作用はありませんので、薬のように「合う合わない」を考えるのも間違いです。

「ターンオーバーの乱れ」はニキビの原因ではない

仮にですが、「ゆっくり弱いバリアを作る」なら問題はないのでしょうか?体を守るバリアとすれば、むしろ問題は大きいですね。

表皮のターンオーバーは「細胞の入れ替わり」の説明であり、実際の肌は急いでバリアを修復する必要があれば早く作り、必要が無ければゆっくり作ります。

ターンオーバーの乱れは、肌トラブルの「原因」と誤解されがちですが、肌トラブルのプロセスの一つの過程にすぎないものです。イメージできる方が良いのですが、実際には気にしなくていいのではないか?というくらいのことです。

では、肌をどうすればいいのか?ニキビはどうなるか?については、まずはWEBカウンセリングからご相談ください。

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

2018年3月14日18:08 / 投稿者:kazuyuki terada