ターンオーバーを促せばニキビは治る?

ターンオーバーを促してニキビは治るのか?というご相談


ターンオーバーを促す治療や化粧品、薬やサプリ、エステは?

最近では人気も下火の感がありますが、今でもAHAやフルーツ酸、サリチル酸など、ピーリング効果のある化粧品で「角質代謝を促そう」といった宣伝もあります。

また、レチノール配合化粧品や、レチノイン酸(トレチノイン)、最近ではビタミンA導入のエステなども、角質代謝を促進させる目的、もしくはイメージさせる方法かと思います。

いずれも、「入れ替えれば良くなる」という考え方ですが、細胞や物質を新しくても「トラブルを起こしやすいバリア」が入れ替わるだけなら、やはりトラブルを起こしやすいままです。

なぜならこれらは「肌を元気にして細胞を入れ替える」のではなく、バリアを壊して、肌を緊急事態に陥らせる方法です。だから一時しのぎのバリアをくり返し作ることにもなるのです。

また、ここ数年、ビタミンA導入のエステで、赤みがひどくなったなどのご相談を受けることも増えています。
ビタミンAは表皮のターンオーバーを促進しますし、また炎症も起こしやすいので、どのような導入方法かに限らず、トラブルを起こしやすい場合は避ける方が無難でしょう。

かといって逆張りの角質培養や肌断食でも・・・

逆に敏感肌市場・ナチュラル自然派市場では「ニキビの原因はターンオーバーが早いことだ」と宣伝されます。

ニキビと毛穴と角質層の状態

肌断食や、角質培養などでも「角質を除去しすぎると、未熟なバリアになる」という説明です。

これは間違いではないですし、バリアを壊さないようにさえすれば「壊しすぎの悪化」というリスクは避けることができます。

そして、悪化リスクを避けて、バリアが回復する場合はいいのですが、回復までに別のトラブルが起きることもあります。

また、ある程度落ち着いたとしても、肌がキレイになるわけでもなく、また、トラブル自体は起きやすいなら、やはり「バリアを正常に回復できていない」ということです。

また、化粧品成分は肌を健康にする作用はありませんので、薬のように「合う合わない」を考えるのも間違いです。

「ターンオーバーの乱れ」はニキビの原因ではない

仮にですが、「ゆっくり弱いバリアを作る」なら問題はないのでしょうか?体を守るバリアとすれば、むしろ問題は大きいですね。

表皮のターンオーバーは「細胞の入れ替わり」の説明であり、実際の肌は急いでバリアを修復する必要があれば早く作り、必要が無ければゆっくり作ります。

ターンオーバーの乱れは、肌トラブルの「原因」と誤解されがちですが、肌トラブルのプロセスの一つの過程にすぎないものです。イメージできる方が良いのですが、実際には気にしなくていいのではないか?というくらいのことです。

では、肌をどうすればいいのか?ニキビはどうなるか?については、まずはWEBカウンセリングからご相談ください。

ニキビ・ニキビ跡の疑問・不安を解消するなら

※メールで返信、24時間受付、無料です。

わたしたちも、あなたと同じように悩んでいました。でも今は…

2018年3月14日18:08 / 投稿者:kazuyuki terada